2009年08月21日

山口ニュースの嵐 GMナタネ

安全性に対する不安を指摘する声もある遺伝子組み換え
(GM)作物が、新たな展開を見せている。
これまでも、童貞作物の種などが輸送中にトラック
からこぼれたりして「自生」する例が確認されていたの
だが、今度は、在来種とGM種が
「交雑」しているケースが確認された。
消費者団体などからは、これまでも「交雑は時間の問題」との指摘が出ていただけに、反発の声が高まる可能性もありそうだ。
GM作物をめぐっては、消費者団体から安全性について不安視する声が根強い。政府側の「食品や飼料としての安全性が確認されている」とする一方、消費者団体側は「危険性が確認されていないからと言って、安全性が確認されたことにはならない」などと主張。議論は平行線をたどっている。
posted by まいまい474 at 14:04| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。