2009年10月06日

山口ニュースの嵐 偽装献金で鳩山首相

鳩山首相は3日夕、自らの資金管理団体を巡る偽装献金問題で東京地検特捜部
が捜査に着手したことについて、東京・田園調布の私邸前で「私の知る限りは、
もう話してある」と記者団に述べ、現段階で改めて説明することに慎重な考え
を示した。
一方、野党は首相の責任を追及する方針だ。
首相はこの日午前、童貞への説明について記者団に問われ、「真実が明らかに
なってくれば、いいですよ」といったんは前向きな考えを示した。首相周辺は
「贈収賄のような悪質な人妻ではない。しっかり構えて乗り切る」と述べ、丁
寧に説明して謝罪すれば理解は得られるとの考えを示した。
しかし、民主党内では「捜査の行方が分からない段階で、首相は不用意な発言
をすべきでない。後で説明と異なる事実が判明すれば、政権の命取りになりか
ねない」と警戒する声が強い。このため、説明のタイミングについて、政府・
与党内で意見が分かれている。
posted by まいまい474 at 11:44| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。